角栓ができたらどのようにして取っていますか?

角栓をそのままにしておいたら、ニキビや黒ずみの原因にもなってしまいます。

実をいうと、私はピンセットや指で押しだして取っていたのですが、友人のアドバイザーに聞いたころによると、もっと簡単で安全な方法があるそうです。

そこで、今回はもっと安全で簡単に角栓を取れる2つの方法を、アドバイス通りに実践してみたのでご紹介したいと思います。

オイルと綿棒で安全に角栓を取る方法

真っ先に思い付いたのが毛穴パックなのですが、その方法でも毛穴にはダメージを与えてしまうそうです。

そこで用意したいものが、100均にある安い綿棒とオイル!

オイルは美容用ならもちろん、ベビーオイルやオリーブオイル、ホホバオイルグレープシードオイル、ココナッツオイルなどなど、基本的には何でもお好みのもので構いませんが、添加物が多いものは肌によくないのでやめておきましょうね。

オイルと綿棒で角栓を取る方法

  1. ①クレンジングなどで洗顔してメイクを落とす。
  2. ②角栓のある場所に蒸しタオルをあてる。
  3. ③綿棒にオイルを染み込ませる。
  4. ④角栓に綿棒を横向きにあててクルクル回す。

②の蒸しタオルは、毛穴を開いて角栓を取りやすくするためのものです。

④のクルクル回して横を押せば簡単に角栓は取れますが、取れにくい場合は綿棒2本で押し出します。

④眉間などにも効果的です。

角栓を取った後のケア

  1. 角栓を取った後にもう1度洗顔する。
  2. 冷たい水で顔をすすぐ。
  3. 顔の水分を拭き取る。
  4. 最後に保湿ケアを忘れずに。

①の洗顔は泡のある物を使うと、オイルが落ちやすくなります。

②のすすぎで冷たい水を使えば毛穴が締まります。

オイルと綿棒で角栓を取った感想

少々手順が面倒くさいことと、オイル選びによっては洗ってもベタベタすることが欠点ですが、角栓を取った後の経過は良好です。

黒ずみやニキビにもなっていないので、時間がある方にはおすすめです。

毛穴洗顔料で簡単に角栓を取る方法

手っ取り早く角栓を取りたい場合は、洗顔料を使った毛穴パック洗顔が楽です。

  1. ①ゲルを4プッシュほど顔全体になじませる。
  2. ②3~4分経ってから10~20秒ほどくるくるとなじませる。
  3. ③蒸したタオルで拭き取る。

基本の洗顔とは別に、これを週に1~2回程度やるだけで徐々に角栓がとれます。

私の場合はマナラの「モイストウォッシュゲル」を使いました。

毛穴洗顔料で角栓を取った感想

角栓を溶かしながら落としていくので、すぐには落ちません。 それでも私の場合は、1週間くらいでかなりスッキリできました。

綿棒とオイルより手順が少ないので圧倒的に楽ですが、その分、洗顔料は少しコストがかかってしまいます

とはいえ、オイルと綿棒の手順が面倒くさいという方には、洗顔料を使ったやり方がおすすめです。

私が使った「マナラモイストウォッシュゲル」は保湿力も抜群だったので、秋から冬の乾燥しやすい季節には常用の洗顔料としてもおすすめです。